缶詰とは一味違います 自家製ツナのオイル漬け

にほんブログ村 料理ブログへ

自家製ツナのオイル漬け 自家製食材
自家製ツナのオイル漬け

材料(4人分)

まぐろの柵 200gほど
たまねぎ 1/2個
オリーブオイル 100cc
塩 小さじ1/2
ディル、タイム、ローズマリーなどのハーブ 1枝

バケット お好みの量
たまねぎ 1/4
ディル 少々(あれば)
粗びき胡椒 少々

つくり方

まぐろは5%ほどの塩水(分量外)に漬け、水からあげたらキッチンペーパーなどで水分を拭いておく。
たまねぎは繊維にそって薄くスライスする。
ジップロックなどの封ができる袋を2重にし、まぐろ、たまねぎ、オリーブオイル、塩、ハーブを入れる。

ストウブなどの保温性の高い鍋に湯をわかし、その中に1の袋を入れる。
再度沸騰してきたら弱火にし、蓋をして5分間温める。
火を止め蓋をあけずに30分間放置する。

保存容器に入れ保存する。
冷蔵庫だと1週間ほど保存できます。
そのままでも食べられますし、サンドイッチやサラダに入れてもおいしくいただけます。

粗びき胡椒とディルをかけて薄くスライスしたバケットとスライスオニオンと一緒に出すと簡単な前菜やおつまみになります。
スライスオニオンは繊維にそって薄くスライスし、空気にふれるように置いておくと有効成分はそのままで辛味成分だけが抜けます。

自家製ツナのオイル漬け
自家製ツナのオイル漬け

ポイント

マグロはスーパーで売られている安いマグロで十分です。
キハダマグロやビンチョウマグロなどがお手頃な価格でいいかと思います。
マグロはそのままご使用されてもいいのですが、塩水に5分程度漬けるだけで解凍マグロの臭みが抜けます。
ハーブは魚に合うハーブなら手に入りやすいものを使いましょう。
ハーブが手に入りにくい時はパセリの茎やローリエでも合います。なんでもいいのでハーブを入れた方が美味しく仕上がります。
保存袋を鍋に入れる際には袋が鍋に当たらないように気を付けてください。
鍋にあたると袋がとけて穴が開いてしまうことがあります。

糖質オフ&無添加のための情報

痩せホルモン(GLP-1)の分泌を促すEPAを多く含むマグロですが、EPAは水や油に溶け出しやすい栄養素です。
マグロのオイル漬けには良質なオリーブオイルを使い一緒に漬けたたまねぎやオリーブオイルも料理に活用しましょう。
残ったオイルを使ってパスタなどにするのも良いかと思います。
たまねぎはサラダに入れて、オイルを使ってドレッシングを作ってもオリーブオイルにうまみ成分が溶け出していますので塩を少なめにしても美味しいドレッシングができます。
痩せホルモンやGLP-1ダイエットについてはこちらから
痩せホルモンとは

コメント

タイトルとURLをコピーしました