簡単アンチョビソースでクリーミーなバーニャカウダ

にほんブログ村 料理ブログへ

アンチョビソースのバーニャカウダ 手作り調味料
アンチョビソースのバーニャカウダ

材料 (4人分)

にんにく 4~5片
アンチョビ 4フィレ
バジルペースト 大さじ1
オリーブオイル 100cc
植物性生クリーム 100cc
胡椒 少々
牛乳 100cc

バーニャカウダ用の野菜 キャベツ、きゅうり、パプリカ、にんじん など お好みの量

つくり方

ミルクパンなどの小さな鍋に牛乳と水を入れにんにくを簡単につぶせるほどになるまでゆでる。
焦げやすいので沸騰後は弱火にしてコトコト煮る。
水分が少なくなってきたら水をさす。
ゆであがったら水分を切っておく。

鍋ににんにくとオリーブオイルを入れる。
スプーンやへらなどでにんにくをつぶしながら最初は中火で、沸騰したら弱火にする。
細かく切ったアンチョビを入れる。

バジルペーストを入れる。
にんにくがなべ底に沈殿し焦げやすいので、へらなどでなべ底から混ぜながら1~2分ほど煮る。
コショウを少々入れる。

生クリームを入れ、沸騰させないように2分ほど煮る。
野菜を食べやすい大きさに切り盛り付ける。
バジルソースはバーニャカウダ用のポットか耐熱容器に入れる。

クリーミーアンチョビソースのバーニャカウダ
クリーミーアンチョビソースのバーニャカウダ

ポイント

にんにくをゆでるのに20分~30分ほどかかりますが、ゆであがれば短時間でできあがります。
生クリームは必ず植物性の物をご使用ください。動物性ですと成分が分離しやすくなりダマになることがあります。
アンチョビから塩分が出るので基本的には塩は要りませんが、味をみながら塩分が足りなければ塩を入れてください。

アンチョビソースのアレンジ
ゆで野菜にかけてホットサラダ
軽く炒めたキャベツとスパゲティでパスタソースに
グリルチキンやホタテ貝のソテーのソースに
マッシュポテトのソースに

アンチョビ
アンチョビ

糖質オフ&無添加のための情報

アンチョビとは塩漬けしたカタクチイワシのオイル漬けです。
生のままオイル漬けにしているのでEPAやDHAが豊富な食品です。
オイル漬けが一般的ですが、塩漬けのアンチョビも売られています。塩漬けの方がEPAやDHAの含有量は高くなります。
GLP-1ダイエットを意識するなら塩漬けの方をご使用ください。
痩せホルモンを分泌させるGLP-1ダイエットとは

野菜がメインとなる料理は食物繊維が豊富で最初に食べると後に食べる食品の糖質も吸収しにくくなり、よく噛むことで満腹中枢を刺激し食べすぎを防ぎます。
野菜の種類を増やせば食感もかわり飽きずに食べることができます。
糖質や脂質が多くなるパーティメニューなどに1品加えるとバランスがよくなります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました