塩加減が絶妙な栄養豊富な島らっきょうの塩漬け

にほんブログ村 料理ブログへ

栄養豊富な島らっきょうの塩漬けの作り方 糖質オフレシピ
栄養豊富な島らっきょうの塩漬けの作り方

腸内環境を整える水溶性食物繊維はごぼうの4倍です。血液サラサラ効果にむくみの防止、二日酔い防止にもなるおつまみに。

この投稿をInstagramで見る

季節はずれの#島らっきょう がありました。私は島らっきょうは塩漬けにするのが好きなのですが、塩加減が難しい。 . いろいろ作った結果、#島らっきょうの塩漬け は5%の塩分が1番良いようです。 粗塩か食塩を使うかでも違います。 普段、私は食塩は使いません。 食塩だったら塩が効きすぎるのでもう少し少なめがいいのかな? . #調味料マニア なので#塩 は常に5種類ぐらいあります。 普通の粗塩、ヒマラヤの岩塩、おにぎり用の塩、お刺身用の塩、お肉等に使う燻製塩。 . キッチンに物が多いはずだわ💦 . 食材がよければ味付けは塩でシンプルに食べるのが好き❣️ 塩加減が重要なので塩漬けにする時は必ず重さを測ります。 普段の味付けは目分量が多いんですが、塩だけは特別なんですよね。 . 島らっきょうでなくても普通の#らっきょう やエシャロットでも美味しくできます。 . 二日酔い防止の#おつまみ に。 島らっきょうの塩漬けの作り方はプロフィールのURLからかストーリーからもレシピサイトにとべます。 . #おうちごはんlover #フーディーテーブル #レシピブログ #おつまみレシピ #糖質制限レシピ #糖質オフレシピ #糖質制限 #4コマレシピ #ゆるゆるナチュラルライフ

itsuyokuroshima(@ichinatural)がシェアした投稿 –

材料 2人分

島ラッキョウ 1袋(今回は80g)
塩 らっきょうの5%
すだちや柚子などの柑橘類 1個
かつおぶし お好みの量

作り方

1 島らっきょうを掃除する

島らっきょうの葉の部分を切り取る。
皮をむく。皮はむきすぎないように注意してください。

2 島らっきょうを塩漬けにする

皮をむいた島らっきょう(今回は60gになりました)に塩をまぶす。
塩の量は島らっきょうの5%の量です。(今回は3gです)
塩をした島らっきょうを一晩冷蔵庫で塩漬けにする。

3 塩を洗う

塩漬けにした島らっきょうを水で洗う。
その日のうちに食べない場合は塩がまわりすぎるので塩を洗い流してから保存してください。

4 盛り付け

お皿に島らっきょうを入れ、鰹節をかける。
柚子やすだちなどの柑橘類を絞っていただきます。

島らっきょうの塩漬けに作り方
島らっきょうの塩漬けに作り方

ポイント

島らっきょうが手に入らない場合はらっきょうやエシャロットでも美味しくできます。
島らっきょうは緑の葉の部分を5㎝ほど残し後は切り落としてください。
皮をむきすぎないように注意しましょう。
汚れが落ちるくらい皮1枚をむくぐらいで大丈夫です。
島らっきょうを保存する場合は塩の量を3%ぐらいに減らし、塩に漬けたまま保存しますと1週間ぐらいは保存できます。

糖質オフ&無添加のための情報

らっきょうは水溶性食物繊維が豊富です。
一般的に食物繊維が多いと言われるごぼうの約4倍の食物繊維が含まれています。
カリウム、硫化アリル、ナイアシンなどの成分も多く含まれています。

カリウムは細胞の浸透圧を調整する働きがあり、摂りすぎた水分、塩分を体外に排出する働きがあります。

硫化アリルはらっきょうのにおい成分で、血液をサラサラにする効果があります。

ナイアシンはアルコール分解に必要な栄養素で二日酔い防止になります。

GLP-1ダイエットなどで太りにくい体質を作るためには良質な腸内細菌を増やすために水溶性食物繊維の摂取が不可欠です。
食事では食物繊維を多く摂り、痩せ菌を増やすようにしましょう。
痩せ菌を増やして腸内環境を整えて痩せやすい体を作るGLP-1ダイエットについてはこちらから
GLP-1ダイエットとは

コメント

タイトルとURLをコピーしました