抗酸化作用のポリフェノールが豊富 中華の前菜なすの冷製

にほんブログ村 料理ブログへ

中華の前菜ナスの冷製酢の物の作り方 糖質オフレシピ
中華の前菜ナスの冷製酢の物の作り方

抗酸化作用、免疫力アップ、食物繊維の多いナス。水に溶けだしやすい成分は水を使わず電子レンジで簡単調理。

この投稿をInstagramで見る

中華が食べたい。メインはお肉なんだけど前菜は?#作り置きおかず が便利なので#ナス の冷製の前菜をたくさん作って保存します。 . イベントなどは中止で引き篭りがちなので、休日は#作り置き 料理をたくさん作りました。 冷蔵庫はいっぱい。 今週は毎日の料理が楽になるかな。 . 先日は友達と中華のオーダーバイキングに行き、散々食べたのに中華が食べたくなってます。 しばらく中華が続きそうな我が家です。 . #作り置きレシピ の中華の前菜、なすの冷製の作り方はプロフィールのURLからかストーリーからも詳しく書いているレシピサイトにとべます。 . #前菜 #中華料理 #なすび #なす料理 #野菜料理 #糖質制限レシピ #糖質制限 #糖質オフレシピ #糖質オフ #ゆるゆるナチュラルライフ #4コマレシピ

itsuyokuroshima(@ichinatural)がシェアした投稿 –

材料 4人分 

なす 2本
醤油 大さじ1
酢 大さじ1
ごま油 小さじ1
砂糖 小さじ1
しょうが 1かけ
ねぎ 1本

作り方

1 なすを加熱

なすはヘタを取り半分に切り水に5分程さらす。
耐熱容器に入れふんわりとラップをし、電子レンジで2分加熱する。

2 タレを作る

鍋に醤油、砂糖、ごま油、生姜を入れ沸騰させる。
火を止め酢を入れる。

3 タレに漬ける

バットなどの容器に熱いうちにナスを入れ、タレも熱いうちにかける。
荒熱が取れたら冷蔵庫で半日ほど漬ける。

4 盛り付ける

ナスを薄くスライスして皿に盛り付ける。
タレをかけ、小口切りにしたネギを盛る。

抗酸化作用の高いナスの中華風冷静前菜の作り方
抗酸化作用の高いナスの中華風冷静前菜の作り方

ポイント

ナスの栄養は水に溶けだしやすい成分です。
あく抜きで水に漬ける際はできるだけ短時間にします。
茹でると成分も水に溶けだしやすいので電子レンジで水を使わず調理します。
タレの酢は沸騰させると酸味がとんでしまうので、火を止めてから入れます。
タレもできるだけ少量にし、タレごといただきます。

糖質オフ&無添加のための情報

ナスには抗酸化作用が高い葉酸、ポリフェノールの種類であるナスニンが多く含まれています。
免疫力を高める効果があるので風邪をひきやすい季節には積極的に摂りたい成分です。
食物繊維も多いので整腸効果も高い食材です。

また、カリウムも多く含まれていますのでデトックス効果もあります。

GLP-1ダイエットなどで太りにくい体質を作るためには良質な腸内細菌を増やすために水溶性食物繊維の摂取が不可欠です。
食事では食物繊維を多く摂り、痩せ菌を増やすようにしましょう。
痩せ菌を増やして腸内環境を整えて痩せやすい体を作るGLP-1ダイエットについてはこちらから
GLP-1ダイエットとは

コメント

タイトルとURLをコピーしました