糖質オフ 切り干し大根ときのこのデトックス鍋焼きうどん

ROOM

楽天myROOM

にほんブログ村 料理ブログへ

切り干し大根ときのこのデトックス鍋焼きうどんの作り方 時短レシピ
切り干し大根ときのこのデトックス鍋焼きうどんの作り方

水溶性と不溶性の両方の食物繊維が摂れるレシピ。食物繊維が豊富な食材たっぷりで食べ応えがあるのでうどんは半分でしっかりおなかいっぱいになります。

材料 1人分

うどん 1/2玉
切り干し大根 10g
しいたけ 2枚
舞茸 30g
ごぼう 10cm
油揚げ 1/4枚
ほうれん草 50g
みつば 10g
卵 1個
出汁 400㏄
生姜 1かけ
味噌 大さじ2
一味唐辛子 小さじ1/2
酒 小さじ1/2

1 材料の準備

切り干し大根は水で戻しておく。ゴボウはささがきにし、水にさらしてあくを抜く。 しいたけ、舞茸は石づきを取り除く。ほうれん草は5㎝程の長さに切り、電子レンジで20秒加熱する。生姜はすり下ろしておく。

2 切り干し大根の準備

耐熱容器に水を切った切り干し大根を入れ、酒をふりかけ電子レンジで10秒ほど加熱する。

3 出汁を作る

鍋に出汁を入れ、沸騰したら生姜、一味唐辛子を入れアミノ味噌を溶かし入れる。

4 仕上げ

3の出汁にうどん、切り干し大根、しいたけ、舞茸、ゴボウ、油揚げ、ほうれん草を入れひと煮立ちしたら卵を入れ卵にある程度火が通ったら火を止める。食べる直前に三つ葉を入れる。

切り干し大根ときのこのデトックス鍋焼きうどんの作り方
切り干し大根ときのこのデトックス鍋焼きうどんの作り方

ポイント

出汁を作るときはあまり沸かし過ぎないようにしましょう。生姜や味噌の香りが飛んでしまいます。 生姜はチューブの生姜を使う場合は小さじ2杯入れてください。
うどんの糖質が気になる場合は糖質オフうどんや糖質0g麺をご使用ください。

糖質オフ&無添加のための情報

デトックス効果を期待したい時はまず、腸内環境をよくしなければなりません。
腸内環境をよくするには食物繊維が不可欠ですが、便を柔らかくする効果のある水溶性食物繊維、便の量を増やす不溶性食物繊維の両方をバランスよく摂る必要があります。

糖質制限中に不足しがちな食物繊維を摂ることで腸内環境も整えることができます。
腸内環境を整えることはダイエットにはとても重要で痩せホルモンも分泌しやすくなります。
痩せホルモンダイエットGLP-1ダイエットとは

コメント

タイトルとURLをコピーしました